スタッフブログ

横浜ハンマーヘッド

2019年10月31日(土)に開業した「横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMAHAMMERHEAD)」に行ってきました。 横浜ハンマーヘッドは「客船ターミナル」「商業施設」「ホテル」が一つになった複合施設で3方向を海で囲まれていて、どこにいても青い海を見渡すことができます。 商業施設ゾーンではテナントが25店舗が入っており、ここでしか食べられないお店がたくさんあるのです。 まず1Fには、個性的なラーメン5店舗が集合したジャパン ラーメン フードホール。すっごいオシャレなフードコート?みたいな感じでラーメン好きな方に注目のエリアです。 のどが乾いたら、注文してからお茶を淹れてくれる「茶寮 伊藤園」や、タピオカで有名な「THE ALLEY」などがあります。 2Fは、神奈川県民おすすめ土産のクルミッ子を自分で作れる「鎌倉紅谷 クルミッ子ファクトリー」、「ありあけハーバースタジオ」ではオリジナルハーバーセット「マイハーバー」を作ることが出来ます。 チョコレート専門店「バニラビーンズ ザ ロースタリー」は自分好みの素材や形を選べるオーダーメイドチョコレートが作れます。 「ヨコハマ キャラメルラボ」はキャラメルの専門店です。日に3回ほど生キャラメルの試食ができます。めちゃくちゃ美味しくて可愛いです。大事な方へのお土産におすすめですね。 そして絵本で有名なピーラーラビットのカフェもあります。 日本公式のピーターラビットのHPではキャラクター紹介ページで『ピーターのお父さんはマクレガーさんにパイにされた』と書かれてます。ちょっとショッキングな画像ですが、ピーララビットカフェでは、なんとそのお父さんのパイを食べることが出来ます。 この日は予約したおかげ?なのか、ピーターさん達と相席で親族に囲まれながらお葬式のような雰囲気の中、お父さんのパイ食べる事が出来ました。パイから耳が出ているのがなんともリアルです… 美味しい食べ物もきれいな景色もすべて堪能できる横浜ハンマーヘッドは赤レンガ倉庫の隣にあり、立地も最高です。すっごくお勧めです  (Imaoka)

2020河口湖・冬花火

ご存じですか?河口湖では毎冬の土日に「河口湖冬花火」を開催しております 今年は1月18日から2月23日までの土曜・日曜の計12回、ラストは2月23日(富士山の日) 打ち上げポイントはメイン会場の大池公園、大池公園の花火と一緒に楽しめる畳岩、八木崎公園の3か所です。1,500発の花火が澄んだ冬の夜空を彩る様は圧巻でございます。 ここ数年、河口湖方面は海外からの観光客で、たいそう賑わってました。「ここは日本だよね?」と首をかしげるくらい(笑 ところがここ数週間、新型肺炎の影響かほとんど観光客の姿が見えず静まり返っているようです。そんな河口湖の冬花火は…予想以上に大盛況でした  河口湖の周辺のホテルではお部屋から花火大会を観るプランもあり、ゆっくり温泉につかったあと、日本酒やワイン片手に温かいお部屋でゆっくり観覧できるのです。 今冬の花火大会はこれで終わってしまいましたが、また来年の1月に開催されるので来年も行きたいと思うくらい素敵でした。 河口湖から車で20分も行けば高橋さんおすすめの新屋山神社があります。kumaさんおすすめの富士急ハイランドは河口湖インターから0分。入場料無料です。 また、11月に行った河口湖オルゴールの森美術館が新たに『河口湖音楽と森の美術館』に名前を変えて2月29日まで入場無料のキャンペーンもしており、河口湖は見どころ満載でございます。 八王子西インターから車で1時間強。しっかりマスクを装備して、ぶらりと行かれてみてはいかがでしょうか? (Imaoka)

秩父 三峯神社2020

昨年(秩父 三峯神社2019)一昨年(秩父 三峯神社)、と毎年恒例になった秩父の三峯神社へ、三連休の初日にお参りに行ってまいりました。 今年も、この一年間お世話になったご眷属に里帰りをしていただき、新たにまたご眷属拝借をいたしました。 【ご眷属拝借とは】昨年、一昨年もブログに書きましたが秩父の三峯神社は、スーパー守り神の御眷属様を一年間拝借させて頂くお札があります。御眷属のオオカミ様に家に来て頂いて守護してもらうという本当に有り難いお札ですが、できるかぎり相応しい場所にお祀りすることが必要であり、きちんとお世話もさせて頂かなくてはなりません。毎日の拝礼や、10日と19日にはお供えをします。 そして、一年を目安に来て頂いた御眷属様にお戻り頂くことになります。つまり拝借した一年後、三峯神社へ眷属様をお連れすることがお約束となります。必ず三峯神社へ送り届けなければいけません。 以上のことをふまえ、ご眷属様との生活も3年目に入りました。 3年目にもなると神社お参りの往復コースの内容もほぼ決まってしまってます。 今年こそは三十槌の氷柱(みそつちのつらら)を観光してみようと予定に組み込もうとしたのですが、あいにくの暖冬で氷柱形成が難しいらしく、今年度は2月7日に閉園したそうです。残念  3連休の初日だったこともありジャンクションが激混んでたり、行くメンバーが前日残業だったり、前日飲み会だったりと、日取り設定で無理を強いてしまったので来年こそはしっかり日時、コース設定を調整したいと思いました。みなさま、ごめんなさい さて、お迎えしたご眷属様ですが…来ていただいたオオカミ様は毎年少しづつ…というか多いに性格?性質?が違うような気がします。 今年、我が家にお迎えしたオオカミ様はどんな方なんでしょう。どうか、これから一年間仲良くしくしていただけると嬉しいです  (Imaoka)

レッツ スモア

先日、中伊豆にカフェめぐりに行ってきました。 まずは吉奈温泉にあるホテル「東府やResort&Spa-Izu」 敷地内のガーデンにある「Bakery&Table東府や」さんで足湯につかりながらベーカリーカフェでランチ。 足湯やテラスだけではなく、ベーカリー横にある芝生広場のパラソルやリラックスチェアなどで好きなようにピクニックが出来るようです。 ほかにも、せせらぎの音を聞きながらくつろげる「滝見テラス」、小高い丘の上の「霞の滝」など、ガーデン内には景色のいいスペースがたくさんありました。 東府やさんは温泉宿ですが、吉奈川に沿って宿泊施設やレストラン、カフェ、資料館、庭園などが点在しています。敷地は、東京ドーム2個分以上!散策だけで1時間以上かかりました さて食後のおやつは天城湯ヶ島のアウトドアカフェmadoromiへ。 ここは『自然の中でまどろむ時間』をコンセプトにした屋外型カフェで、天城の自然に囲まれながら静かな時間を堪能できるのです。 契約自家焙煎のこだわりのコーヒーを、ハンモックでまどろみながら飲めば日々の疲れもすっかりとれてしまいます。 紅茶は浅田農園産の伊豆茶葉紅茶。ビールはコロナやハイネケンの他に修善寺のブルワリーのベアードビールが飲めるなど、こちらも地元にこだわったドリンクを飲むことができゴロゴロしながら中伊豆を満喫できました。 もちろん美味しい飲み物のお供にはパンケーキとスモア(マシュマロとチョコのをBBQ台で焼いたもの)で。 カフェmadoromiは温泉旅館「たつた」の敷地内にありますが、カフェだけの利用もOKです。ですが!たつたは関東唯一の川床がある旅館です。しかも冬はおこたで!川床で!食事ができる夢のコラボでございました 2月10日より河津サクラまつりが始まります。今年は暖冬でいつもよりも早咲きのようです。中伊豆方面に観光を考えている方のご参考になればぜひ (Imaoka)

国立西洋美術館 ハプスブルグ展

ちょうど1年前、国立西洋美術館でルーベンス展を見たのですが、その時から次年開催の【ハプスブルグ展】を楽しみにしておりました。ようやく雪のちらつく昨日、見に行くことが叶いました。 中世から20世紀初頭まで長きにわたり、血縁制度を利用した政略結婚により中部ヨーロッパで強大な勢力と広大な領地を誇っていた大貴族がハプスブルグ家です。 今回の目玉はメインビジュアルにもなっているディエゴ・ベラスケス『青いドレスの王女マルガリータ・テレサ』でしょうか。 フェリペ4世はマルガリータをとくに可愛がり、宮廷画家たちに多くの肖像画を描かせたそうで、そのうちの2枚が今回展示されておりました。幼いうちから一国を支える「女王」の座につくことを期待され、弟が誕生すれば「高貴な青い血」を守るために叔父の元へと嫁がされ、6回目の出産で21歳で命を落とした悲劇のスペイン・ハプスブルグ家最後の王女。 そして、美貌の女流宮廷画家エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランの描くマリーアントワネット。 ルブランはマリーアントワネットの寵愛を受け、わずか23歳にして稀代の肖像画家としての名声を欲しいままにします。 はじめて肉眼で見ましたが、なるほど優しくロマンティックな画風は女流画家ならではですね。とても23歳で描いたとは思えない力量に感動いたしました。 最後にヨーゼフ・ホラチェク《薄い青のドレスの皇后エリザベト》 オーストリア帝国の最後の皇后エリザベート。18歳で即位して以来、68年もの長きにわたって在位したハプスブルク家『最後の皇帝』フランツ・ヨーゼフ1世に見初められ波乱万丈の人生を送るエリザベートの美しさを余すところなくキャンバスに写し取ってました。 オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念して、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションはほかにもたくさんの名作が目白押しでございました。 600年にわたる帝国コレクション見られるのは1/26まです。ご興味ある方は急いでください! (imaoka)

株式会社ニューライフ

〒192-0152
東京都八王子市下恩方町1153-1
TEL:042-652-1300
FAX:042-652-1301

ニューライフアクセスマップはこちら

ページトップへ