スタッフブログ

新潟 素敵すぎ!

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。 川端康成の『雪国』のこの冒頭は超有名ですね。 関越自動車道の11キロにも及ぶ関越トンネルを抜けるとそこは新潟県南魚沼郡湯沢町。雪国の舞台です。(小説では上越線の清水トンネルを指してます) 今回の目的地、日本三大峡谷のひとつ【清津峡】は上越新幹線越後湯沢駅から車で20~30分の場所にあります。 清津峡を見下ろせる清津峡渓谷トンネルは2018年4月28日にリニューアルオープンし、750m続くトンネルの先にはパノラマステーションが広がります。 半円のような天井・壁部分と水鏡とに渓谷の景色が映り込むことで、なんとも幻想的な写真が撮れるのです。 越後湯沢駅内では新潟のすべてが味わえるテーマパークがありました。 飲食店がずらりと並ぶたべあるき横丁では魚沼産コシヒカリを使ったおにぎり屋さんを筆頭に和洋中が揃い、新潟の物産品、名産品がすべて並ぶ中央市場では、いろいろな試食が出来るので美味しいお土産を探すのに最適 そしてなにより【ぽんしゅ館】ではたった500円で117種の日本酒から5種類選んで利き酒が出来るのです。 90種以上の塩(無料)を肴に、好みの日本酒をゆっくり探せば、もう天国ですねここは。 美味しい水、美味しいご飯、美味しい日本酒。 圏央道西インターから3時間足らずで天国への扉を開くことができるのです。 すっかり新潟の虜になった私は、次回は泊まりで新潟をもっと満喫しようと固く誓うのでした。 (Imaoka) 追記 この記事をアップした日に新潟県下越で震度6強の地震がありました。このたびの地震により、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

箱根神社と芦ノ湖

6月の最初のお休みに箱根へと足を延ばしました。 8か月ぶりの箱根ですが今回は芦ノ湖周辺の観光です。(前回の箱根ブログ) 箱根神社は関東でも有数のパワースポットで有名のようです。流行の御朱印集めや、インスタ映えする景観も相まってとにかくたくさんの人で混雑。 湖面から御柱が伸びるように建っている「平和の鳥居」(写真右)では写真を撮る列が100人くらい並んでました。インスタパワー恐るべし! 静かに参拝をしたいなら平日か朝9時前がおすすめのようです。 ランチはベーカリー&テーブル箱根で芦ノ湖を見ながら足湯に使ってモグモグ。かな~り癒されます。 箱根はベーカリーの激戦区らしく、なかでもベーカリー&テーブル箱根は美味しくてロケーションも素晴らしく星みっつ。 私の個人的な『美味しいクリームパン・ランキング』では堂々の一位になりました。 箱根といえば大涌谷も有名な名所ですが、現在は噴火警戒レベル2のため立入規制になってました。残念  芦ノ湖を横断する海賊船で一周したり、箱根関所で箱根の歴史を勉強したり、一日たっぷり遊んでまたまた25000歩以上の全力エクスカーションでした。 令和になってから、まるで親の仇のように休みになると走り回りすぎて、さすがに体力がレッドゾーンです。来週こそゆっくり過ごそうと思います。(Imaoka)

熱川旅行

『少しでも時間があれば温泉につかりに行きたい病』にかかっているイマオカはゴールデンウィーク最終日も熱川で温泉三昧でした。 熱川といえば熱川バナナワニ園。もちろん外せないラインナップですね。 バナナワニ園、たかがワニ園を思うことなかれ。本気になれば一日遊べます。 本館にはワニ園と植物園に分かれており、分園にはフラミンゴやレッサーパンダがおります。 攻略情報としては、まず開園と同時に分園に行きレッサーパンダの餌やりを見ます。これを見逃すともうレッサーパンダはその後、動きません。ひたすら寝てます。 もちろん朝を過ぎればワニさんも一日寝てます。 ワニさんだけでなく、すべてのバナナワニ園の動物たちが植物と化します。 なんだか、穏やかで静かな時間が流れます。 昭和から平成、令和へと元号は変わっても、ここバナナワニ園は時間が止まっているようです。 子供のころに熱川バナナワニ園に行ったことのある方はぜひ、今一度訪れてみてください。セピア色の向こうに子供時代の自分が垣間見れますよ。(Imaoka)

令和元年

五月一日に『令和』へと元号が変わりました。平成と同様に平和な日々が続きますように。 日本最古の歌集「万葉集」巻5、梅花の歌32首の序文にある「初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」から出典されたようです。 ようするに「明日への希望と共に、日本人1人ひとりが大きな花を咲かせよう」という願いを込めて、「令和」という文字が選ばれたのですね。 さて、令和を迎えた日、皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか? 私は横浜の大さん橋で『祝改元!海の上で新時代をお祝いしよう!』というイベントを見に行ってきました。 横浜海上保安部と横浜消防局の消防艇が一斉放水をする放水ショーに四隻のタグボートの回転などお祝いムードを盛り上げておりました。 イベントで盛り上がった後は大さん橋から大型客船「ロイヤルウィング」で食事をしながらクルージング。 あいにくの曇天でしたが、暑くもなく寒くもなく風も凪いでいてとてもロマンティックな幕開けでした。(Imaoka)

川治で湯治

決算を乗り越える英気を養うため、鬼怒川と川治で温泉三昧しました。 まずは宇都宮の来らっせで餃子を食べて旅はスタートです。 『来らっせ』は宇都宮のいろいろなお店の餃子を食べ比べたい! という方にオススメです。「常設店舗」では5つの餃子専門店の餃子を食べ比べ。 「日替わり店舗」では宇都宮餃子会加盟33店舗の餃子を日替わりで満喫できます。 来らっせの目の前は宇都宮二荒山神社。旅の無事も祈願できちゃいます。 その後『山越酒店』さんで試飲をしつつ美味しい日本酒を選びました。今までいろいろな酒屋さんに行きましたが、こんなに試飲させてくださるお店は初めてでした。ありとあらゆる日本酒を納得いくまで選ばせてくれます。日本酒好きの方はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。二重丸のお店です。 さて山越酒店さんで購入した日本酒を持ち込んで酒を持ち込んで鬼怒川温泉『あけびの湯』『森のお風呂 鬼燈亭』でリラックス。まさに温泉三昧です。 次の日は川治にてまたまた温泉三昧。大豆からきな粉を作ったり、紙すき体験をしたりしましたが基本的に温泉につかってばかりでした。 最後はRPGのダンジョンのような大谷資料館で地下神殿のような景色を堪能です。流れるBGMも神秘的で青や紫のライトアップもなかなか凝っておりました。 そして旅の終わりも来らっせで餃子です。温泉三昧・餃子三昧ですっかり元気になりました。明日からがんばります。 (Imaoka)

株式会社ニューライフ

〒192-0152
東京都八王子市下恩方町1153-1
TEL:042-652-1300
FAX:042-652-1301

ニューライフアクセスマップはこちら

ページトップへ