今夏も塩山から奥多摩へ

灼熱地獄のような熱い日が続いておりますが、今夏もおいしい桃を買いにワンコ達と山梨に出かけてきました

いつも留守番のワンコ達も、「一緒に行く?」とその気にさせると、出かける準備の段階からソワソワ付きまとってうるさいです

朝7時に出発し、混雑もなかったので8時頃には塩山に到着しました

朝食をとり10時には桃を買い大菩薩峠から帰る事にしました・・・何しろ暑いので、車から出ると汗が噴き出して、まるで“塩ジャケ”のようになりそうです

のめこい湯のある丹波山道の駅で休憩した後、ドクターヘリに遭遇!車の事故があったらしいです

白丸のアースガーデンに着く頃は丁度昼になっていました。このレストランはペット連れでも外のベランダで食事ができるのですが・・・さすがに今日は熱くて過酷です

でも、健康ならお腹はすくもの!六白黒豚のハンバーグをおいしく頂きました!千ビ達も隣のテーブルのトイプーとじゃれながらもおりこうにしてました。

青梅街道の白丸駐車場近くにある“四季の家”で『すりおろしワサビソーダ』にチャレンジしましたが、辛くもなくピリッとしてすっごくおいしかったです!!さあ、一刻も早く家にかえってシャワーをあびてお昼寝がしたい私たちでした(tibiwannmama)

タカノフルーツバー

新宿西口のタカノフルーツバーに行ってきました。

桃が大好きな私はこの時期になると、桃三昧の生活です。

ダイエット?糖質制限?なにそれ美味しいの?

もちろんビーレジェンドのプロテインもこの時期は『ピチピチハッピーチ風味』ですが、やっぱり本物の桃をたくさん食べたいということでタカノフルーツバーに行きました。

フルーツバーに桃はないのですが、タイムサービスで桃のパフェが付いてくるのです。

7月は桃のパフェの他、マンゴーのクレープなど盛りだくさん。

もちろん普通のお食事もあり、大人ひとり税込¥2,916と、と~~~てもお得なのです。今月分の糖質を全部取り尽くしました。美味しかったです。

さて、次は桃狩りに山梨に行かなきゃ (imaoka)

はやぶさ2 リュウグウへ

JAXAが2014年12月に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」が、地球から3億kmほど離れたところにある目的地、小惑星「リュウグウ」に昨日到着しました。

3億kmでも相当に遠く感じるものの、実際は地球から直線で到達したわけではないので、実際は約30億kmもの距離を旅して、やっとの到着です。

「リュウグウ」の位置は地球と火星の中間。直径は約900mほどしかない小さな岩石質の小惑星ですが、その岩石には太陽系誕生の頃の水や有機物が存在するかもしれないとされます。

はやぶさ2が出発するときにブログを書きましたがあれから3年半も経ったのですね。早いものですね。 ( はやぶさ2 ・ はやぶさ2とその友達

はやぶさ2はこれからしばらくリュウグウを外側から観測し、8月には高度1kmにまで接近して重力計測を実施、9月以降にリュウグウに降り立ってのサンプル採取を予定しています。サンプル採取がうまくいけば、再び離陸して、2020年に地球へと帰還する計画です。

さて今から還ること5年前。~星の王子さまに会いにいきませんかミリオンキャンペーン~というのをやっていました。はやぶさ2に《応募者の名前やメッセージを刻んだプレート》を搭載し、ターゲットマーカーでリュウグウに投下されそこに留まるのです。

もちろん応募いたしました。9月には私の名前が刻まれたプレートがリュウグウに住み着きます。なんともロマンチックですね。早く星の王子さまに会いたいです。(imaoka)

ホタル狩り

うかい鳥山のホタル狩りに家族で行って来ました。雨男の次男と一緒なので心配しましたが、昨日の雨が嘘のように晴れ、暑い日曜日となりました。絶好の蛍日和です!

鳥山はすべて懐石ではなく、鳥肉や野菜の炭火焼きが入るので家族でワイワイ気取らずに食事ができます。お出汁が深くてとても家庭では再現できません!!

川魚の苦手な私ですが、佐久鯉の洗いは臭みがなくおいしいです。炭火焼きが終わったころに8時のホタル狩りの時間になってしまいました。全館暗転となり、オカリナの響きに乗せて蛍が500匹も解き放たれます。カメラでは撮るのが無理なので、目と心の映像を楽しむことにしました。

ホタル狩り終盤で1匹の蛍が私たちの部屋に入ってきました。電気が着くと炭火焼きの灰の中に落ちてもがいているのを発見!!「どうしましょう??」とうろうろする仲居さんをしり目に高橋が素早く救助!灰だらけの体を手拭きできれいにして外に離してあげました。

救出劇の後は鮎の塩焼きととろろごはん、葛饅頭をおいしく頂きました。

蛍は1週間の短い命・・・

生まれた故郷を離れはるばる高尾までやってきて

美しい光の雅な世界を届けに来てくれました

『ありがとう』

がんばったご褒美の一日でした

(高橋)

第六回 景信山~小仏峠~一丁平~高尾山頂~高尾山口駅

登山も六回目になると、登山入門レベルから初心者レベルにジョブチェンジしていました。

前月に登った影信山~小仏峠を経て、まだ時間的にも体力的にも余力があったので高尾山へと向かいました。半年前に比べると明らかに力が付いてますね。

曇天ですが、涼しい登山日和。

梅雨の合間のためドロドロのぬかるみや水たまりの悪路で、滑りやすくて不安でしたがトレッキングポールが大活躍しました。用意しておいて大正解です

小仏峠から高尾山まではところどころウッドデッキなどきれいに整備されていて、途中ヤマボウシが一面に咲き誇っていて圧巻。

一斉にヤマボウシが咲くことはないらしく、登山者の方々があまりの美しさにみんな、ため息をついていました。

そして13時ごろ登頂。高尾山頂は原宿の竹下通りのような混雑で、昨今の登山ブームを目の当たりに

なんとブランドバッグやパンプスで来てる女性たちも多く、靴が汚れたと騒いでました。山頂までパンプスで来れる身体能力の高さに感動しました。私には無理です・・・。

この日は約5時間、23,000歩、12km 高低差150階、すごいです (imaoka)